ふじかわ歯科クリニックでは無痛治療を積極的に導入しています

ふじかわ歯科クリニックでは無痛治療を積極的に導入しています

「歯科治療は痛い」「だから怖い……」というイメージによって、治療を避けてしまっている方もたくさんいるのではないでしょうか。しかし、虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、放置することによって悪化の一途を辿ります。後回しにすればするほど、患者様自身の負担が大きくなります。

ふじかわ歯科クリニックでは無痛治療を積極的に導入しています

そこで川崎市中原区武蔵中原の歯医者「ふじかわ歯科クリニック」では、レーザー機器の導入や麻酔の工夫によってできるだけ痛みの少ない治療をご提供できるよう努めています。「歯科治療の痛みが苦手」だという方も、一度当院までご相談ください。

レーザーで対応可能な診療

※レーザーを用いた治療は自由診療です。
一部保険適用もありますので、当院までお尋ねください。

虫歯 ・初期虫歯の治療
・虫歯の予防
歯周病 歯と歯ぐきの間の溝「歯周ポケット」の内部に高い殺菌力を持つレーザー光をあて、歯周病菌を除去します。歯みがき指導や歯石除去などと並行して行うことで、早期治療を実現します。
口内炎 お口の中や唇などにできる、口内炎や口角炎などの炎症部分にレーザー光をあて、治癒に導きます。入れ歯があたることでできる潰瘍(かいよう)などにも、効果があります。
知覚過敏症

虫歯ではないのに歯がしみたり痛んだりする場合には、「知覚過敏症」であることが考えられます。これは歯の表面のエナメル質が薄くなり、神経につながる象牙細管という穴が空き、刺激が伝わることで起こる症状です。

この場合、歯の表面にレーザー光をあてることで薄い膜ができ、症状を和らげることができます。

その他 抜歯時、外科処置時の止血や傷口の治癒促進、歯石の除去、歯ぐきの黒ずみの除去など、様々な診療に応用しています。

痛みを抑えるためのその他の取り組み

当院では治療時の痛みを抑えるために、レーザー治療の他にも以下のような取り組みを行っています。

表面麻酔

歯ぐきの表面に塗布して粘膜を麻痺させる、「塗る麻酔」。麻酔注射の針が刺さるときの痛みをなくす、いわば「麻酔のための麻酔」です。

細い注射針の使用

針が刺さるときの痛みをできるだけ軽減できるよう、当院では非常に細い注射針を採用しています。

静脈内鎮静法

点滴によって静脈内に薬を投与し、半分眠ったような状態にしてから治療を行う方法です。歯科治療に対する恐怖心が強い方でも、リラックスして治療を受けていただくことができます。治療時の痛みや不快感などもあまり感じません。

ふじかわ歯科クリニックのアクセスについてくわしくはこちら

Copyright © Fujikawa dental clinic