自分の歯のように咬める喜びを味わってください

自分の歯のように咬める喜びを味わってください

インプラント治療とは歯を失ってしまった部分の顎の骨に、インプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着して咬む機能を回復させる治療のこと。インプラントは生体親和性の高いチタンでつくられており、顎の骨ときっちり結合する構造になっていることで、自然な咬み心地を取り戻すことができます。また、見た目がとても自然で美しいのも特徴です。

インプラント治療は外科手術が必要になります。川崎市中原区武蔵中原の歯医者「ふじかわ歯科クリニック」の院長には、長年医科大学病院の口腔外科で積んだ実績があります。院長の経験を活かして安心・安全なインプラント治療をご提供することが当院の使命であります。

充実した設備と確かな実績を元にしたインプラント治療

充実した設備と確かな実績を元にしたインプラント治療

近年、インプラント治療は急速に普及しています。しかし当院院長の大学病院勤務時代、インプラント治療の難症例が、開業医院からたくさん紹介されてきました。骨造成が必要な患者様も多く、あらゆる症例に対応してきたのです。

当院では先端設備の導入によって治療環境を整えるとともに、豊富な経験を活かし、入院を要する症例以外は当院で治療を完結できるようにしています。他院で「インプラント治療は難しい」といわれてしまった方も、一度当院までご相談ください。

歯科用CTで正確精密な判断
充実した設備と確かな実績を元にしたインプラント治療

当院はインプラント治療の診断に、歯科用CTを用いています。歯科用CTは、従来のレントゲンでは確認できなかった顎の骨の厚みや高さ、形態などを立体的画像で正確に把握することができ、綿密な治療計画を立てることができます。

当院では院内に歯科用CTを設置していますので、大学病院に撮影に出向いていただくこともありません。結果もすぐに確認でき、スムーズなインプラント治療を実現します。

サージカルガイドで正確なシミュレーション

インプラント治療では、一人ひとりの顎の骨の状態や神経の位置などをしっかりふまえ、インプラントを埋め込む角度や深さを決定しておくことが必要です。そこで当院では、サージカルガイドを用いてインプラント治療を行っています。

サージカルガイドとは、コンピュータ上で行った事前のシミュレーションどおり、インプラントを正確に顎の骨に埋め込めるようサポートする器具です。これを用いることで、ドリルのぶれなどを防ぎ、治療時の安全性を高めることができるのです。

サージカルガイドで正確なシミュレーション
設備の整ったオペ室での治療
設備の整ったオペ室での治療 インプラント治療は外科手術をともなう治療であり、衛生管理の行き届いたオペ室で行うことが必要です。当院では無影灯や生体情報モニターなど高度な設備を整え、清潔維持にこだわったオペ室を完備。安心・安全のインプラント治療を受けていただけます。
リラックスして治療を受けていただける静脈内鎮静法

外科手術を伴うインプラント治療について、不安を覚える患者様は少なくありません。そこで当院では手術に対する恐怖心が大きい方に、静脈内鎮静法をご提案しています。

静脈内鎮静法とは、点滴によって静脈内に薬を投与し、半分眠ったような状態にして治療を行う方法です。意識のないまま手術を終えることができ、治療時の痛みや不快感などの記憶も残りません。

リラックスして治療を受けていただける静脈内鎮静法
信頼できるインプラントを使用
信頼できるインプラントを使用

当院では、世界中で多数の症例実績を持つ、信頼性の高いスウェーデン製のインプラントと、比較的費用を抑えながら信頼できる日本製のインプラントの2種類をご用意しており、患者様に選んでいただくことができます。

機能性・信頼性を重視しているため、価格を追求するための中国製や韓国製は取り扱っておりません。

高度なインプラント治療にも対応できます

当院では患者様のお口の状態やご要望に合わせ、以下のような高度なインプラント治療にも対応しています。お気軽にご相談ください。

抜歯即時埋入
抜歯即時埋入 一般的なインプラント治療では、歯を抜いてから傷口が治癒するまで期間をおきます。それに対し、抜歯即時埋入は文字通り、抜歯してすぐインプラントを埋め込む治療です。治療期間を大幅に短縮し、すぐに会話や食事を楽しむことができます。
オールオン4
片顎につき4本のインプラントを埋め込み、それを固定源にして総入れ歯を装着する方法。入れ歯のずれやもたつきを解消するほか、すべての歯に対してインプラント治療を行うよりも、治療費を抑えることができます。 オールオン4
インプラントオーバーデンチャー
インプラントオーバーデンチャー インプラントを固定源として、特殊な金属を用いて、入れ歯を装着する方法です。ずれやもたつきをなくすのはもちろん、取り外しが可能なたことで、お口のケアをしやすいのもメリットです。
ミニインプラント
一般的なインプラントより長さの短いインプラント。歯ぐきの粘膜を切らずに、歯ぐきの上部からねじを埋め込んでいきます。顎の骨が薄い方にも対応できる点がメリットです。 ミニインプラント
フラップレス

フラップレスとは、無切開手術のこと。あらかじ詳細な検査をして、コンピュータ上でオペのシミュレーションを行い、専用のガイドを用いて歯肉を大きく切ることなく治療を進めます。

骨が足りない場合のインプラント治療~骨造成~

インプラント治療では、インプラントを埋め込むために顎の骨量が十分にあることが必要です。歯周病の悪化などによって顎の骨が足りない場合には、以下のような治療によって骨量を確保することで、インプラント治療が可能になります。

サイナスリフト
  • サイナスリフト
  • arrow
  • サイナスリフト
  • arrow
  • サイナスリフト
  • arrow
  • サイナスリフト

上顎の上部にある「上顎洞(じょうがくどう)」という空洞を覆っている歯肉をはがし、底部を持ち上げて空間をつくり、そこに骨補てん剤を注入。インプラントを埋め込むのに必要な骨の厚みを確保します。

インプラント手術の前に行う場合と、同時に行う場合があります。

ソケットリフト
  • ソケットリフト
  • arrow
  • ソケットリフト
  • arrow
  • ソケットリフト
  • arrow
  • ソケットリフト

インプラントを埋め込むための穴から上顎洞の底部を押し上げて空間をつくり、骨補てん剤を注入して骨の厚みを確保します。

サイナスリフトのように歯肉を切開する必要がないため、患者様の負担を軽減できます。

GBR
  • GBR
  • arrow
  • GBR
  • arrow
  • GBR
  • arrow
  • GBR

顎の骨量が足りない部分に、メンブレンという特殊な膜を入れてスペースを確保。骨よりも再生が早い歯肉の侵入を防ぎながら、骨補てん材を入れて骨の再生を促します。

インプラント手術と同時に行うこともあります。

PRP

骨補てん材と、採血した自己血を分離させたて取り出した、血小板が多く含まれている「PRP(血漿:けっしょう)」を混ぜ合わせたものを使い、骨を造成させる治療です。

血小板が活性化することで、骨造成や傷口の治癒に関する成長分子が分泌されるため、インプラント手術の際の治癒期間も短縮されます。

院長からのアドバイス

自費診療であるインプラント治療は、医院によって費用が異なります。しかしそればかりを追求するあまり、信頼性の乏しいインプラントを埋入するのは怖いことだといえます。なぜなら、きちんとした知識や技術がないまま治療をすれば、さらなる骨の吸収を招きかねないからです。

インプラント治療は「埋めて終わり」ではありません。当院では、治療後にも専任の歯科衛生士による適切なメンテナンスを継続していかなければ、永続的な使用は困難だと考えています。

また当院では、部分入れ歯(局部床義歯)は、入れるのと同時に支えとなる歯の劣化を招くため、おすすめしていません。どうしても必要な場合には、できるかぎり精密な義歯を製作することで対応しています。

歯は一生深くつき合うものです。治療は、費用やお手軽さだけで選ぶことのないよう、長い目で判断することをおすすめします。

ふじかわ歯科クリニックのアクセスについてくわしくはこちら

Copyright © Fujikawa dental clinic