医科大学病院の経験を活かした高度な治療

医科大学病院の経験を活かした高度な治療

超高齢化社会を迎えた今日、生活習慣病も増え、何らかの病気をお持ちである方が増えています。そして、病気の蔓延が歯科治療へ与える影響も少なくありません。たとえば服用している薬があったり、麻酔が必要な治療を行ったりする場合には、偶発症を起こす可能性もあり、最大限の配慮が必要になります。

医科大学病院の経験を活かした高度な治療

川崎市武蔵中原の歯医者「ふじかわ歯科クリニック」の院長は長年、医科大学病院において他科との綿密な連携を取りながら、有病者の治療にも多く携わってきました。そのため、有病者の歯科治療に対するリスクや、それを回避する手段なども熟知しています。

病気をお持ちの方にも、歯科治療を安全に受けていただける体制を整えてお待ちしていますので、どうぞ安心して当院までご相談ください。

有病といわれる疾患について

歯科治療において注意が必要となる、いわゆる「有病」とされる疾患には、以下のものが挙げられます。

  • 脳梗塞
  • くも膜下出血 
  • 心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • ほか

これらの疾患をお持ちの場合、服用薬の副作用によって歯科治療が難しくなります。そのため、多くの開業歯科医院では対応できず、総合病院や大学病院の口腔外科に治療を依頼しているのです。

当院では院長の、医科大学病院口腔外科での経験を活かし、こういった有病患者様の治療にも対応しています。

「近くの歯医者さん」で大学病院並みの治療が受けられます。
様々な全身疾患でお悩みの方も、まずは当院までご相談ください。
医科大学病院での圧倒的な治療経験数を誇る院長が、対応いたします。

ふじかわ歯科クリニックのアクセスについて
くわしくはこちら

Copyright © Fujikawa dental clinic